• 山形本店023-622-1380
    休業日:
  • 御殿堰七日町店023-673-9639
    休業日:

本店の記事一覧

2019.08.05| 全店

夏の営業のご案内(夏新そば)

夏の営業案内

幸町本店
休業日:8月5日(月)、8月19日(月)20日(火)連休、 26日(月)
お盆期間中(10日~18日)までは休まず営業いたします。

御殿堰七日町店
休業日:8月8日(木)、21日(水)、28日(水)
花笠祭り期間中、お盆期間中(10日~18日)も、休まず営業いたします。尚、花笠祭りの期間(8月5日~7日)パレードの最後尾が店頭の通りを過ぎるまでは営業いたします。(例年21時30分過ぎまで)

両店共通
今年も夏の「新そば」の時期が参りました。今年は8月3日からご提供を開始しております。お楽しみに。

2019.07.04| 全店

御中元にぜひ庄司屋のおそばを。

日頃からお世話になっている方々のために、この夏のお中元に、庄司屋のおそばはいかがでしょうか。手打ちの技術と155年の歴史に裏打ちされた確かなお品を先方にお届けいたします。手打ちによる『生そば』、お取り扱いしやすい『乾麺』、常温で取り扱える『そばつゆ』などバリエーション豊富にご用意いたしております。

昨年末からはいつもの庄司屋の『そばつゆ』も常温で取り扱いできるようになりましたので庄司屋オリジナルの乾麺とセットでお求めいただけます。この『そばつゆ』は、いつもの『そばつゆ』に科学調味料や保存料を一切加えていない、正真正銘そば処庄司屋の『そばつゆ』です。
(自社内にて、高温高圧による(レトルト処理)を施すことにより実現しました。強く求められる安全性においても安心してご利用いただけます)

詳しくは、https://shop.shojiya.jp/ をご覧ください。(ギフトセットの箱もリニューアル済です)

2019.05.29| 全店

『天保そば』打ち始めました

いつも格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。本日5月29日水曜日より『幻の山形天保そば』を打ち始めました。約1か月ほどの販売期間を予定いたしております。時を超えたロマン溢れる、野性味たっぷりの『天保そば』、ぜひご賞味くださいませ。
(写真はイメージです。)

『天保そば』とは
平成11年に福島県大熊町の古民家の屋根裏部屋で発見された天保時代のそば俵。天保の大飢饉を経験した祖先が、未来に子孫が同じような苦しみを味わうことが無いようにと、屋根裏部屋に保管したものでした。国や大学の先進技術をもってしても発芽しなかったそのそばの実でしたが、山形の鈴木製粉所、故鈴木社長の元へ、なんとかならないものかと持ち込まれ、蕎麦屋の有志とともに見事に発芽させたのがすべての始まりでした。その後、保存会が発足し、毎年少しづつ収量を増やし、現在は原種の保存と、販売用の栽培を行っております。そばを愛する関係者の並々ならぬ情熱と、時を超えたロマンをぜひ味わってみてください。
※先の震災より、現在も帰還困難区域である大熊町。当時は保存会のメンバーで仮設住宅へ出向きそば振る舞いを行いました。また、現在は毎年桜の季節に、大熊町より大勢の方々を山形に招待し、『天保そば』の振る舞いを行うなど、交流を続けています。

2019.04.29| 全店

ゴールデンウイーク中の営業について

GW中は両店とも休まず営業いたしますが、詳細は下記の通りになります。

幸町本店
4月27日~5月6日まで休まず営業。
ただし5月1日、5月6日につきましては16時30分ラストオーダーとさせていただきます。

御殿堰七日町店
4月27日~5月6日まで休まず営業。
ただし4月30日、5月6日につきましては16時30分ラストオーダーとさせていただきます。

尚、連休終了後の5月7日8日に七日町店が、5月8日9日に幸町本店がそれぞれ連休をいただきます。(8日は両店とも休業日となります)

※寒ざらしそばにつきましては、七日町店のみ『売り切れ御免』にて提供いたしております。
(幸町本店は連休中はご用意ございません)

 

2019.04.12| 全店

『寒ざらしそば』打ち始めました

今年はずいぶんと穏やかな2月3月を過ごせたと思っていたところ、4月に入り冬に逆戻りしたような日も多く、今年は早いと予想された桜の開花もようやくといったところです。

すっかり山形の春の風物詩として認識された『寒ざらしそば』。今年も寒さ厳しい1月に仕込んだそばの実が美味しい『寒ざらしそば』として提供されております。

皆様ぜひ、ご賞味くださいませ。尚、多くのお客様にご賞味いただきたく、原材料が続く限りご提供させていただきますが(例年打ち始めより5月中旬まで)ゴールデンウィーク中は『寒ざらしそば』のご提供を「お休み」する予定です。何卒、ご了承くださいませ。

2019.03.17| 全店

庄司屋 春のご案内

寒さも大分和らぎ、春の気配も感じるようになりました。人々が新しい人生をスタートする春の季節、また新しい出会いが楽しみです。
春以降のご案内です。

■寒ざらしそば
すっかり山形の春の風物詩となった『寒ざらしそば』。今年も極寒の1月に仕込まれたそばは旨みを増して4月10日水曜日から販売を開始いたします。販売期間は例年1ヶ月ほどですが、販売量によって前後しますのでご了承下さい。また、連休中は販売を休止する場合がございますのでご了承願います。

■ゴールデンウィーク中の営業について
10連休というこれまでにない大型連休となる今年のゴールデンウィーク。庄司屋は『本店』『七日町店』ともに休まず営業いたします。ただし、5月1日、5月6日につきましては午後4時30分ラストオーダー、午後5時閉店とさせて頂きますので何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

■その他
4月7日日曜日は研修のため午後4時30分ラストオーダーとなります。

2019.02.07| 全店

寒さ厳しい2月はそばがとても美味しい季節です

1月から3月までの冬の時期は、「そば」そのものが寒さで引き締まり、旨みが凝縮されるおそばのおいしい時期です。また、連休前の風物詩となった「寒ざらしそば」の仕込みも順調に進み、今年もおいしい「寒ざらしそば」を提供できる見込みです。4月10日水曜日からの打ち始めを予定しておりますので、楽しみにお待ち下さいませ。

※現在、幸町本店にて、資材倉庫の改築工事を行っております。駐車場のご利用に際しまして何かとご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。

2019.01.01| 全店

新年、あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。旧年中のご愛顧に心より感謝申し上げますとともに、本年もどうぞよろしくお願いいたします。社員一同、より美味しいそばで豊かな食の時間を提供できますよう、精進いたします。

新年の営業案内
1月1日 両店とも休業です。
1月2日 両店とも11時開店 16時閉店
1月3日 両店とも11時開店 16時閉店
1月4日 両店とも11時開店 16時閉店
1月5日~通常営業

2018.12.30| 全店

年越そば配送についてのお問い合わせ 年越そばの美味しい茹で方

今年も沢山のお客様より年越そばのご注文を頂きました。誠に有難うございました。発送についてのお問い合わせは、七日町店 023-673-9639 までお電話にてお問い合わせくださいませ。

庄司屋では年越そばもいつもと変わらない手打ちでご用意しております。その分、茹で方には少々気を使う必要がありますので、お持ち帰りまたは、地方発送にてお受取になられた生そばの蓋を開けるとすぐに茹で方の説明書きを入れています。是非、しっかりご参照いただきますようお願い申し上げます。

簡単に言うと

■出来るだけ大きな鍋(いっぱいのお湯の量)に
■出来るだけ少ない量のそばを入れて、箸でほぐす場合は撫でるようにそっと

この二つです。少ないお湯(小さな鍋)にそばをいっぱい入れてしまうと、そばが回らずどうしても箸を入れる必要があり、ここで短く切れてしまうのです。是非皆さん、面倒ではありますが、試して見てください。
尚、冷蔵庫にて保管していた場合、30分ほど室温に置いてから調理していただくとより取り扱いしやすくなります。

 

2018.12.27| 全店

年越しそばの配送状況、お問い合わせについて(全ての発送受付を終了しました)

今年もたくさんのご注文を頂きまして有難うございました。ご指定を頂きました通り、順次発送させていただいております。(全てのお申し込みについて受付を終了いたしております)
◆ 発送についてのお問い合わせ ◆
七日町店 023-673-9639まで。配送状況等、お調べいたします。
お時間指定につきましては、年末の交通事情、天候による若干のずれが出る可能性がございます。特に、年末の大寒波が影響を及ぼす地域が出ると思われます。ご理解、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

◆年末年始の営業について◆
両店共通
12月30日まで通常営業
12月31日は午前1時まで営業
元旦 お休みを頂きます。
1月2日~4日までは11時~16時まで
1月5日より通常営業
手打ちそばにつきましては、職人の手による「純 手打ち」でございます。
箱のふたを開けますと、一番上に「ゆで方のしおり」を置いております。
そちらをよくご覧になってから、調理を開始していただければと思います。
美味しく茹でるポイントは
①できるだけ大きな鍋で(多くの湯量で)
②なるべく少ないそばを茹でる(数回に分けて)
何回かに分けて茹でるのは面倒だと思いますが、つなぎの少ない手打ちそばをおいしく
茹でるにはこれが1番のポイントです。