• 山形本店023-622-1380
    休業日:
  • 御殿堰七日町店023-673-9639
    休業日:
2022.04.08| 未分類

山形の春の風物詩【寒ざらしそば】打ち始めました。

寒ざらしそば

いつも格別のご愛顧を賜り誠にありがとうございます。

今年も4月6日水曜日より、『寒ざらしそば』を打ち始めました。すっかり山形の春の風物詩となり、職人たちも、独特の感触を確かめるように打っています。

通信販売(←こちらからご覧いただけます)でもご用意致しましたので、皆さま是非ご賞味くださいませ。

「寒ざらしそば」
冷蔵、冷凍なのど保存技術が未発達だった江戸時代、昨秋に収穫されたそばを、より美味しい状態で将軍様へ献上するために考え出された手法。

玄そば(殻のついた蕎麦の実)を大寒の日から十日間ほど清流に漬けた後に、山から吹き下ろす寒風に晒し乾燥させたのちに、そば粉として使用します。このような手間をかける事により、あくや渋みが抜けて、甘みが際立つ「寒ざらしそば」ができあがります。

これらは約35年ほど前にこの作業方法を文献内で発見し、山形蕎麦を担ってきたまた先人たちが再現したものです。時を経て今現在も脈々と引き継がれています。

このような物語り豊かな『寒ざらしそば』を皆様に是非お召し上がり頂きたいと、心よりお待ち申し上げます。